治療理念・方針|静岡市 大石歯科医院 静岡駅前 平日は夜8時まで診療

大石歯科医院の治療理念・方針

治療理念

あなたの希望を歯科治療に反映しましょう

 大石歯科医院では、歯科治療とは患者さんと歯科医院が協力して作っていくものだと考えます。

 まず気になるところや目立つところから治療してほしい、何よりも仕上がりを大切にしたい、時間が無いので今はここだけを治療してほしい。

 仮に口の中の状態が全く同じだったとしても、患者さん一人ひとりが歯科治療に望むものは違います。

 あなたの希望を私たちに伝えて、あなただけの歯科治療を作りましょう。私たちはそれに専門的アドバイスで協力します。

できるだけ痛くない治療を目指して

表面麻酔剤 大石歯科医院では、歯科治療に伴う患者さんの苦痛を可能な限り減らしたいと考えています。

 いきなり注射をするのではなく、少しでも痛みを減らすため麻酔注射の前にまず表面麻酔剤を塗ったり、治療の途中でもできるだけ口をゆすぐ休憩時間を作るなど、患者さんの立場に立った気遣いを怠りません。

 治療中に痛かったりつらかったりしたときは手を挙げて伝えてください。すぐに対処します。

治療方針

大石歯科医院では、まず大事なのは「診断」だと考えます。そのために、症状についてのお話を良く聞かせてください。

 患者さんは、具合の悪いところがあるから歯科医院を受診します。

 痛い、腫れた、歯が取れた、上手く噛めない・・・・・。

 そこでまず大事なのは、患者さんの話を聞いて、いくつか検査をして、どこがどういう風に悪いのかその原因をしっかり探すことです。

 「え、ちょっと待ってよ。口の中が痛いんだから虫歯に決まってるでしょ。こっちは辛いし早く何とかして欲しいんだから、ごちゃごちゃ問答してないで、さっさと治療してよ。」

 ・・・お気持ちはわかります。
しかし、口の中の痛みの原因は虫歯だけではありませんし、なかなか信じてもらえませんが患者さんが痛く感じる場所に本当の原因があるとは限らないんです。

 もちろん、見てすぐ原因がわかる場合は多いのです。でも、原因がすぐに特定できない場合は要注意です。はっきりしないのに虫歯だと決め付けて治療を開始してしまうと、無駄に歯を削った上に治らないという悲惨な事態に陥ります。

 例えば、上の奥歯が痛く感じたとします。当然、そこに虫歯がある可能性は検討しなくてはなりません。でも、歯ブラシが届いていなくて汚れのために歯ぐきが炎症をおこしていたり、埋まったままになっている親知らずが痛んでいたりすることも有ります。もっと意外なところでは、鼻風邪から頭蓋骨の内部にある粘膜が腫れていて、そのせいで奥歯が痛く感じたり、顎の関節が炎症を起こしていたり、いろんな原因が考えられるのです。
さらに、痛みの原因が虫歯だったとしても、痛い場所に虫歯があるとは限らないんです。我々の言葉では錯痛、関連痛、反射痛などという言い方をしますが、本来の原因と違う場所が痛く感じることは、口の中では珍しくないんです。「痛いのは絶対に上の歯だ」と言い張る患者さんの、下の歯を治療すると痛みが消えてしまうことも珍しくありません。

 だから、お話を聞かせてください。
ただ、「痛いんです」だけではなく、「食べ物が当たると痛い」、「冷たいものがしみる」、「暖かい風呂や寝床に入ると痛くなる」、「鈍くてジーンとした痛み」、など、こういうお話が原因を探る大事な手がかりになります。

大切なのは、口の中全体のバランス

 困ったことがあって歯科医院に来たのだから、まずはそこを何とかして欲しい。痛みを止めて欲しい。前歯が欠けて見栄えが悪いから何とかして欲しい。噛めるようにして欲しい。当然の要求だと思います。だからご希望の場所から手をつけますし、もし一回で完治できない状況であれば鎮静剤を入れて痛くないように仮留めしたり、欠けた前歯に仮歯を作って当座はおかしく見えないように工夫します。

 ただ、口の中というのは全体で一つの器官として機能しています。どこかの歯が壊れたり痛くなったり腫れたりするのは、その歯に原因があることも多いのですが、他の部分が良くなくて そのしわ寄せが来ていることも多いのです。

 例えば、前歯と奥歯の両方が虫歯で、何ヶ所も欠けてしまっている患者さんがおられたとします。「この前歯は他で何度も治しているのに、すぐに壊れてしまうんです。」・・・こういう場合、「前歯が何度も壊れてしまうのは、奥歯がしっかり治っていないから」なのです。人間の噛む力というのは非常に強いので、細い前歯だけでは支えきれません。外から見えて気になる前歯を まず治療して欲しいというのは当然ですが、その後すぐに奥歯もしっかり治療しておかないと、すぐに前歯も壊れてしまって無駄に痛い思いをしたり高いお金がかかったりします。

 これは一例ですが、どうしても時間が取れないような場合を除いては、一番辛い場所の症状がとりあえず落ち着いたら口の中全体の検診をして、治療計画をしっかり立てることをお勧めします。

歯の治療は一本道ではありません。いろんな選択肢があります。できるだけ説明しますから、一緒に考えて道を選びましょう。

 例えば、親知らずが痛くなったとします。痛いのは辛いので とりあえず薬で痛みを抑えたとして、さて、それからどうしましょう?
 そのまま様子を見るか、いっそ抜いてしまうか。もしくは、親知らずの上にかぶさった腫れた歯ぐきを少しだけ切り取って、清潔を保ちやすくする方法もあります。

 虫歯が大きくなって歯が折れてしまいました。歯の根っこの奥深くまで虫歯になっていて厳しい状況です。抜いてしまうのか、もしかするとダメかもしれないけどできるだけ消毒して残すように努力するのか。奥歯の大きい歯の場合は一部の根だけ抜いてそれ以外の部分を残す方法もあります。

 ある場所の歯が抜けてしまって噛みにくくなりました。何を入れて噛めるようにしましょうか。取り外し式の入れ歯にするのか、ブリッジを接着するのか、骨に穴を開けてインプラントを植え込むのか。

 これらの選択肢には、それぞれメリットとデメリットがあります。
「この状況ではこれしか選択肢が無い」という場合も有りますが、そうでない場合も多いのです。そのときは、可能な方法を全部説明します。その方法の良い点、悪い点もできるだけ説明します。その上で、最後に決めるのはご本人です。もちろん、質問も受けますし専門家の立場からのアドバイスもいたしますから、一緒に最良の方法を考えましょう。


電話をかける